法人印とは

法人印イメージ

普段あまり関わらない法人 認め印というのがあります。
私たちには馴染みのないものかもしれません。
そこでちょっと調べてみました。

まず法人印とは何かということです。
法人印とは、会社の設立等を法務局に登録するときに使用するものとあります。

その会社の証明であり法人代表印・法人銀行印・法人角印・法人割印等。
法人認め印は、通常角印で会社の名前を彫ります。

法人実印とは区別して、実印を必要としない文書・領収書・請求書などに使用します。法人実印を押すにはちょっと、という時に使用するのが通常だそうですね。
会社の経理担当者、経営者は日常的に使用しているので、よくわかると思います。

でも私を含め、多くの人たちは見てもその区別がつけられないのではないかと思います。
パンフレットも見てみました。

材質にもよるのでしょうが、おしやれな個人の認め印より価格の安いものも多いみたいですね。
個人の印より価格が安いのは何故なのでしょう、いろいろ見てみましたが、分かりませんでした。

逆に考えると、会社の登記等大事なものに使用するのだから、高額でも頷けるのですがね。
それこそ盗難にあったり、偽造されたら個人の場合よりずっと被害は大きいと思います。

ただ個人の認め印と同じで、公的文書には押せませんし、法的には効力もないそうです。
そう考えるとあまり被害は大きくないのでしょうか。

そして会社認め印が押してあるからといって、受け取った文書は信用できるものとも限らないのかもしれません。
普段日常では自分が直接使用することのない法人認め印、よくわからないものです。

ページの先頭へ