印鑑は時代を反映する

印鑑イメージ

今の時代、中学の卒業式に認め印が贈られます。
まあ義務教育が終了、少ないかもしれませんが就職する生徒もいることからの贈り物だと思います。
ただ、我が子の卒業式でその贈られた認め印を見ると改めて、その意味その奥にある我が子の成長の実感が湧いてきますね。

たしか小学校などは氏名ゴム印だったと思います。
中学の卒業式で贈られたこの認め印なんですが、意外と使い道がないのかなあと思っていたら高校でのいろんな学校への提出の書類で大活躍していますよ。

保護者と生徒で印鑑を別のもので押さなければならない書類がけっこうたくさん出てきます。
そんな事情も考慮しての卒業の時の贈り物だったのですね。ちょっと嬉しい贈り物でした。

いただいた時は、認印シャチハタの方が楽で良いのにと思っていましたが、そんな学校への提出書類はシャチハタ不可というのが多かったような気がします。

今の時代を反映してのおしゃれ印鑑というのもありますね。
キャラクタ-ものもたくさん出てて、さらに驚くことに、これがけっこういいお値段なんですね。

100円ショップでも認め印は買えて、私は認め印は100円ショップで購入したものでOKなんですが、OLさんとかにはこういうキャラクタ-ものの方がおしゃれだし、個性的で喜ばれるのでしょう。

確かにパンフレットを見てみると、可愛い、おしゃれでパステルカラ-や花柄等のが載ってます。
価格は法人の認印、丸印よりずっと高額です。
何故法人向けより高額なのでしょう。

おしゃれ印鑑はすでにそんな人たちの間では、アクセサリ-の一つなのかもしれませんね。

ページの先頭へ